FC2ブログ

死亡遊戯AKファイナルVer

2002年に編集し完成した作品です。
実はDVD制作第1作であり、かなり実験的な作品でした。
当初、DVDを直接リッピングする技術も無く、DVDから一度メディアコンバーターと言う機器を通してPCに取り込みノンリニア編集を施しDVテープに書き戻した物を、当時発売された、パイオニアのDVR-2000でDVDに書き込む作業で制作しました。

その半年後、PCでオーサリングが可能な環境になり3種のオーサリングソフトを購入し試した結果、現在の「ファイナル」のディスクが完成しました。

オーサリングもファイナルが第1作。
久しぶりに全編を自分自身で観賞しました。

今ではかなり客観的に見ることが出来ます。
今、見た感想はまず、画質が悪い。
4:3のレターボックスサイズのシネスコなんてもう見るに耐えれません(^^
当時のビデオボードでは編集を繰り返す事によって、今では考えられないドットノイズが発生してます。
多分、何度も編集を繰り返した結果でしょう。

オーサリングに関しては初めてにしてはかなり健闘していると思います。
普通ならば出来合いのメニューを使ってしまうところをちゃんとオリジナルにしているし、OP>メインメニュー>サブメニューと言う形で今と変りません。

そして編集内容ですが、正直G.O.D2003よりはいいと思います。
ただ、今見返すと直したい箇所もかなりあります。

当時どなたかに指摘された、BGMが流れっぱなしだと言われましたが、まさにそう思います。
メリハリが無い、ただ無音のSEだけのシーンにするとかなり音に気を使うので、難易度は上がりますが、

こうして見返してるともう一回やり直してみようかな?と思いも出てきました。
ファイナルってつけたのに・・・
でもあれから17年近く経てば直したくもなるよね。

それよりも、このフィルムを使って新たな映画ってのは結局未だに作られないですね。
お金にならないから仕方ないでしょうね。

死亡遊戯 AK HDver. 作ってみようかなぁ、その前に当時のSEとかあったっけ?あれがないと無理だなー。
もしやるとしても、音声が残ってるか探す作業からですね。




衛星劇場版のGH

現在、衛星劇場でアンコール放映中のグリーン・ホーネットですが、見返してみるとやはり過去のどの物よりも高画質です。

当然と言えば当然ですが、SDとはいえかなりきれいです。
字幕が取れれば最高なのになー・・と考えてしまいます。




ドラゴン拳法

いやぁ、体調が悪かった。
原因は結局分からないけど・・
とりあえず、普通に戻りました。
BBジャケ

さてタイトルの「ドラゴン拳法」ですが、復刻をHDで試みようと思ってます。
以前YOUTUBEで私のアップした映像を元に復刻した方がいました。

やられた!と思いつつ上手いなぁと感心したり(笑
特に最初のタイトルが出る部分の荒らし方がうならされました。
現在では厳しいYOUTUBEの管理下では削除されましたが・・・DLしとけばよかったな(^^

復刻マニアの私が見てここはちょっと直したいと言う部分も何個かありました。
それよりも1枚の写真が見つからなかったのです。
勿論、前に復刻していた人も見つけられず他の似た写真を代用してました。
自分も勿論見つけられるわけもなくケシカラン人に相談してみましたが、やはり難航しめぼしい画像を友人から探してもらえました。
しかし、それもその物では無い様で、こうなったら加工しかない。
と言うわけで加工して同じような画像を作りました。
それ以外はほぼシネアルバムで作れるのに、マニアが見つけ難い写真を使うなんて!何てことだ!
これは絶対復刻防止加工だと思います。
と言うわけで、時間があれば復刻作業にかかります。

御期待ください。・・・してない?





11/27 78歳

ブルース・リーの78歳の誕生日でした・・・昨日

自分はなぜか体調が悪いです。
寒気と体がだるいです。

風邪なのか?

よって昨日は何も書き込めず・・・今も調子悪いです。

4K版のブルース・リーブルーレイ

UHD4K.jpg
出ましたよ。買いますか?
私はリージョンの不安と再生機がないので買いません。
フランスのアマゾンで売ってるよ。
欲しい方はどうぞ・・・
ここから

買ったら感想聞かせてね。

衛星劇場のグリーン・ホーネット

現在放映中の衛星劇場の「グリーン・ホーネット」

最近の目玉放送ですが、週1回放映で再放送も1回のみ、録画失敗したらアウトの事が多いですね。
先日の放送では地震のテロップが入ってしまいコピーワンスの番組としては知命的です。

さらに思うに今回初めて前後編の回でしたが、海外の放映同様に前回のあらすじが入ってませんでした。
それを考えると自分製作のGHはタイトルテロップから前回のあらすじまで完全版ですね。
海外のケーブルTV版と同じマスターと言う事は、あの箇所もカットかも(ほとんどの人は気付かない)
日本TV放映版と比較した時ある回のワンカットがない所があったんですよね(^^
 
まあ劇場版にはあるんですけどね。

せっかくのきれいな放映なのに完全版でないことが悔やまれます・・・



「ドラゴンへの道」を考える

1975年に公開された「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」
今回の神戸元町映画館の上映は素晴らしい物でした。

そこでも必ず場違いな事をぬかすトンチンカンがいる。
英語はおかしい・・・と
まあ、懐古趣味のジジイが言う言葉をまともに聞いてはくれないのは良く分かりました。
しかし、よく考えてみて欲しい「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」と言えるのは、日本公開版だけなのである!

広東語版は決してドラゴンへ道ではない!「猛龍過江」であり英語版はTHE WAY OF THE DRAGONなのである。
まして最後のブルース・リーとつけれるのは日本公開版のみなのにこれらのソフトがいかんのだ!
91RQPCFy9pL__SY445_.jpg
このソフトが一番泣かされた!こいつは決して最後のブルース・リーってつけちゃいけません。
51BCSY7TKDL__SY445_.jpg
だからDVDも最後のではないから・・・
81_h81uySdL__SL1252_.jpg

最後のブルース・リー ドラゴンへの道と呼べるのは日本公開版だけなんだよ!
広東語とかは「猛龍過江」って呼んでおくれよ。
なら大丈夫だよ。

とリアルタイムなジジイのたわごとでした。
プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病開始。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広 告
ブルース・リー商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広 告
お勧め商品
月別アーカイブ