FC2ブログ

タイガーマスクBGM その2

昨日タイガーマスクのBGMの事をブログに書き込んだ後、連絡をいただいた、Yさんのお話を聞いて恥ずかしくなりました。
研究されている方はここまで詳細に研究し音源を探しておられるんですね。

流用曲はもちろん劇中に流れる歌謡曲等もすべて把握されて音源を探しておられました。
自分などが完全版を目指すなんてとんでもないことでした。(笑

またお話を伺わせていただき教えてください。
当方も何か協力できればさせていただきます。
しかし、マニアというのは凄いですねぇ、感心しましたぁ。
まだまだ勉強不足を実感するのでした。






タイガーマスクBGM

「なつぞら」のキックジャガーの回で場面と、音楽までがそれっぽくて笑ってしまいました。(削除されるかなぁ)

それを受けてタイガーマスクの最終2話を見直してしまいました。


決して某なんとか評論家のストーリーを文字にしただけのような、つまらない事はしませんが、やはり最終回の小松原一男氏の作画が最高なんだ!

よく漫画とアニメの最終回が違うことが言われるが、リアルタイムに見ていた自分は原作を追い抜いてテレビアニメが先行したことでアニメが先に最終回を迎えたんですよ。

おそらく当時の記憶で最終回がTV放映されたころ少年マガジンを読むと虎の穴にタイガー達が乗り込んでいたあたりで、自分には何がどうしてこうなっているのか分かりませんでした。(最初の頃は「ぼくら」を友達の家で読んでいてストーリは同じだったので)

その最終回は当時の自分にも衝撃的だったんだよね。

で!最終回を見ていたらやっぱり、BGMが聞きたくなるんです。
しかしタイガーマスクのBGMも完全版は存在せず、菊池俊輔BGM集とミュージッククリップ・タイガーマスクしか出ておりませんでした。

Tiger01.jpg
最終回の曲と言えばずっと謎でしたが・・・

このDVDのBGMトラックが存在しこの音楽こそがタイガーの最終回のBGMだったのです。
以前カシオのワンキーボードという電卓で音楽を奏でることが出来る機械で多重録音を繰り返しBGMを作ったものでした。
ちゃんと木下音楽以外もへたくそに再現してました。あの音源どこに行ったかなぁ。

YOUTUBEにもこれから抜粋して作っている人が何人かおられます。

しかし、これだけでなく他の曲もあるんですよ。(多分菊池音楽?)
それらがすべて聞きたいけど無理なのか・・・

夢としてLDBOXのサブトラックに入っているBGMがあるのですが、それも聞いてみたいなぁ・・・・と思っていたら!!思わぬ連絡が!!
MYタイガーマスクBGM集計画が実現しそうでちょっとワクワクしてます!

そういえば最終回の曲を再現してる人がいた!凄いなぁ

どうする、どうする、どうする君ならどうする

あっ、未だに調子が悪く、明日にでも病院に行ってみようかと思ってます。

ついに昭和特撮カードクロニクルの詳細写真が・・・


内容紹介
当時社会現象にもなった『仮面ライダーカード』をはじめとして、主に1970年代に発売された特撮ヒーロー番組の「カード」を、人気作品からコアなものまで、多くを“コンプリート"のかたちで、極力全種掲載しようという書籍。
さまざまな特撮作品のカードを横断的に、しかもコンプの状態で掲載した本は過去に例がなく、特撮ヒーローやカードマニアなら、まさに飛びつきたくなるような一冊です。
弊社より2018年6月刊行の『日本懐かしカード大全』では、アニメ作品その他も含めた各種カードをダイジェスト的に紹介したかたちですが、本書では、特に需要の高い特撮系のカードに絞って掲載。玄人筋のファンをも唸らせるような、
まさしく“クロニクル"の名にふさわしい、相当にディープな内容となる事請け合いです。これ一冊で、昭和特撮ヒーローや怪獣・怪人の図鑑がわりにも。


【掲載カード(予定)】
●仮面ライダー ●ミラーマン ●超人バロム・1 ●快傑ライオン丸 ●レッドマン ●ウルトラマンA
●変身忍者嵐 ●人造人間キカイダー ●トリプルファイター ●サンダーマスク ●レインボーマン
●突撃! ヒューマン!! ●行け! ゴッドマン ●アイアンキング ●ファイヤーマン ●ジャンボーグA
●仮面ライダーV3 ●ロボット刑事 ●ウルトラマンタロウ ●風雲ライオン丸 ●キカイダー01
●スーパーロボット レッドバロン ●イナズマン ●行け! グリーンマン ●電人ザボーガー ●ウルトラマンレオ
●スーパーロボット マッハバロン ●秘密戦隊ゴレンジャー ※放映年代順
----------------------------------------------------------

ここまで気になるなら買えやって事ですが、やっぱり最近散在してるので考えるんですよね。
病院に行く医療費も馬鹿にならないし・・・
まだ悩みます。


アマゾンで買ったもの、買う予定の物、買うかな?の物


先日、購入しました。
さすが講談社、色々いい写真を持ってますね。
今後、投票後順次発売らしいけど、ウルトラQから現在のウルトラマンタイガまでを紹介、さすがの講談社各スーツ違いの写真を少なめですが載せてます。
今後期待します。



買う予定?
いつものタツミムックから、このシリーズ当たりはずれがあるから、今回はあたりであることを祈ります。



少し前にも載せたけど・・買いたい、けど少し高い

more...

ウルトラマン80ブライトスティック



プレバンから発売だ!ちょっとリアルタイムからは外れているけど、欲しいぞ!

予約してしまったこの2枚


3SCD-0047 「菊池俊輔音楽祭」山﨑滋(指揮)オーケストラ・トリプティーク

アーティストについて

楽譜を復元してのコンサート
世界で人気の菊池俊輔の音楽なのですが、何故かオーケストラコンサートがない。その理由は、楽譜が残されていなかったのです!
菊池俊輔先生が前向きな活動をされる方で、過去の楽譜を保管されていなかったことが理由ですが、今回、菊池先生のご許可によって、優れた耳を持つ作曲家たちが楽譜を復元。
お馴染みの菊池サウンドがコンサートホールで響きました。

録音・編集にもこだわった音作り
コンサートでの迫力は、会場で聴いたお客様の特権です。コンサートは会場で体感することが最高の楽しみ方です。
しかし、それだけでは勿体無い! モノラル音源しか残されていない曲は、ステレオのハイレゾで残していくべきでしょう!という声も多く届いています。
今回もスリーシェルズの主任録音技師の上埜嘉雄によるレコーディングのテクニックが冴え渡っています。
その録音を、コンサートとはまた違った観点で、録音芸術として今堀拓也が編集を担当しました。
フランスのIRCAMや世界の現代音楽・電子音楽研究の成果を惜しげもなく投入。コンサートの記録とはアプローチを変えてテレビ、映画音楽のスタジオ的なバランスも引き出した編集となっています。
高音質なサウンドだけでなく、最先端の現代音楽界で活躍して、オーケストラの音を知り尽くした今堀拓也だからこそできるCDの完成です。


3SCD-0046 「チャージマン研!ライブシネマ・コンサートVol.2/宮内國郎特集」

アーティストについて

※CDについて
誰もが知る超カルトアニメ『チャージマン研!』。
そのゴージャスで格好の良い音楽をオーケストラで楽しもうというライブのCD化なんDA!
1回だけで満足できなかったあなたのためにVol.2開催、CD収録時間は今回も78分超え!
それらがすべて今堀拓也による耳コピ復元!
しかし、この復元を含む今堀拓也の仕事をイタリア大統領が評価!(6月にはイタリアで授賞式に出席予定)
これは、世界最高峰の音楽家が揃って、宮内國郎の傑作音楽を現代に蘇らせるコンサートの記録である!
※ジュラルの魔王、ボルガ博士、星くんを演じた佐藤昇が生アフレコ!
注目は44年の時を越えて、佐藤昇氏の演じるボルガ博士が復活、そして・・・、お許しください!!!
このCDには、そのドキュメント音源として当日のステージの模様が収録されています。
ジュラルの魔王、星くん、ピアノの先生などを演じた俳優である佐藤昇氏をゲストに迎えた抱腹絶倒のステージがここに!
『チャージマン研!』のBGMだけでなく、主題歌、挿入歌、そして、宮内國郎の優れた音楽を特集しています。

※『チャージマン研!』のファン以外も楽しめる宮内國郎の楽曲をコンプリート
Vol.1とVol.2をあわせると、宮内國郎のアニメ・特撮作品のオープニング曲をすべてコンプリートされるというマニアックなこだわりを発揮。宮内ファンのかゆいところに手が届きます。
オープニング曲だけでなく、BGM組曲もここだけでしか聴けない選曲がされています。
『ウルトラマン』のBGMをマニアックにフォロー、『戦え!マイティジャック』『ガス人間第1号』など、特撮ファンも感涙の選曲。
指揮は、音楽界でも随一のチャージマン研!のファンであり、アニメ・特撮音楽への深い理解でも知られる髙橋奨と エネルギッシュなオーケストラ・トリプティークのサウンド、ひばり児童合唱団の透明な歌声、佐藤昇の七色の声も ハイレゾ収録でしっかり記録され、高品質な録音で楽しめます。
すべての道はチャージマン研!に通ず!
これから毎日、宮内國郎を聴こうぜ!
----------------------------------------------------------

この2枚を予約しちゃったよぉ

オーケストラで菊池サウンドが聴けるなんて!最高だと思いません?

宮内サウンドもウルトラ以外を聴きたくって!

どんなのか分かんないけど期待してます!!
また感想は聴いて書きますね!

こ、これは!「特撮カードクロニクル」


こんなものが出るのか!
なんだかヤバイゾ。
お値段は高めだが、コンプリートで掲載かぁ、
ロボコンは無いけど・・・欲しいカードは持ってるからいいや。

以下アマゾンの解説文


当時社会現象にもなった『仮面ライダーカード』をはじめとして、主に1970年代に発売された特撮ヒーロー番組の「カード」を、人気作品からコアなものまで、多くを“コンプリート”のかたちで、極力全種掲載しようという書籍。
さまざまな特撮作品のカードを横断的に、しかもコンプの状態で掲載した本は過去に例がなく、特撮ヒーローやカードマニアなら、まさに飛びつきたくなるような一冊です。
弊社より2018年6月刊行の『日本懐かしカード大全』では、アニメ作品その他も含めた各種カードをダイジェスト的に紹介したかたちですが、本書では、特に需要の高い特撮系のカードに絞って掲載。玄人筋のファンをも唸らせるような、
まさしく“クロニクル”の名にふさわしい、相当にディープな内容となる事請け合いです。これ一冊で、昭和特撮ヒーローや怪獣・怪人の図鑑がわりにも。


【掲載カード(予定)】
●仮面ライダー ●ミラーマン ●超人バロム・1 ●快傑ライオン丸 ●レッドマン ●ウルトラマンA
●変身忍者嵐 ●人造人間キカイダー ●トリプルファイター ●サンダーマスク ●レインボーマン
●突撃! ヒューマン!! ●行け! ゴッドマン ●アイアンキング ●ファイヤーマン ●ジャンボーグA
  ●仮面ライダーV3 ●ロボット刑事 ●ウルトラマンタロウ ●風雲ライオン丸 ●キカイダー01
●スーパーロボット レッドバロン ●イナズマン ●行け! グリーンマン ●電人ザボーガー ●ウルトラマンレオ
 ●スーパーロボット マッハバロン ●秘密戦隊ゴレンジャー ※放映年代順

プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病開始。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広 告
ブルース・リー商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広 告
お勧め商品
月別アーカイブ