ロボコップ観てきた

ROBOCOP.jpg
先日ブログに書いたように地元の映画館でロボコップが公開されているので、せっかくだから地元で見た。

その劇場はもちろん席は自由、13時10分開始なので、早めに行くと前の映画が上映中なので入場できず。
前の映画が終了し入れ替えで入場。

出てきたお客さん10人くらい。
さすがに公開初週の日曜の1回目上映ならある程度並ぶだろうと思っていましたが、全く並ぶ必要なし、
上映10分前でこの状態。
popolo.jpg
上映開始で結局30人いない状態でした。

前の席ではしたの百均で買ってきた品を開けてる親子。
持参した水筒のお茶を飲み続けるおばちゃん、横の席ではスーパーで買ってきた煎餅を袋をバリバリ開けながら食べるおっちゃん。

今のシネコンでは見ることの出来ない光景です。
のどかな昭和の雰囲気です。

肝心のロボコップの感想ですが、ネタばれにまだなってしまうので言いませんが、ヒーロー好きの自分的にはまあこの位であれば合格点でしょうか?

バットマンの一言でボディが黒になってしまったのは、ちょっと残念ですがバイクで疾走するロボコップはこれはありでした。
どうしても前作と比較してしまいますが、正直前作のロボコップが良く出来ていたので、あれを超えるのは難しいと思う。
全般的にバイオレンス色が減ってしまい、ロボコップがロボットではなくサイボーグ的な存在でマーフィーが苦悩する背景が逆なんですね。

思っていたよりアクションシーンが少なくCGバリバリ感はありませんでした。
黒ロボコップはあまり好きではなかったけど、次回作はシルバーのロボコップが活躍しそうなので、そちらに期待してます。

しかし、あれだけの集客で映画館維持できるのかなー・・・凄く心配な気分だった。
大脱出観に来たときは自分を含めて6人だったし・・

マグマ大使「41話」

マグマ大使を引き続き見てます。

一言物申したい!!
バルザスが平和な遊園地
二子玉川園?を襲う!!

やたらロッテが目に付く
PDVD_000_20130711181338.jpg
そしてこの親子。
何かお偉いさんの親子か?
何度も出てくるよ!
さらに怪獣バルザス出現!!
驚く子供たちがこれだ!!!
PDVD_001_20130711181340.jpg
あっ!
PDVD_002_20130711181342.jpg
あっ!
PDVD_003.jpg
さらに「あっ!」
さっきのおばさんも登場!!
逃げ惑う子供たち!!

作品台無しだよ!

どうかバルザスさん、このふざけた子供たちを踏み潰してやってください(泣

どこがマグマ大使のレビューだよ・・・

電人ザボーガー

劇場に見に行きたかったザボーガー、しかし残念ながら機会を失って未見でした。

アマゾンギフト券が2000円ほどあったのでそれを使ってBDを購入しました。

知野さんも絶賛のドラゴン映画と言う事であり、ヲタク評価も高かった作品。

なるほど、今には珍しい本格的なバカ映画(いい意味で)

70年代の特撮を今風にリニューアルしている物のキャラクターにへんてこなアレンジも加えずまんま使っているところがいい!

色々なリメイクものが作られる中、お手本としてもらいたい作品だ。

ただし、ザボーガーだよ!

現在の映画として純粋に見てはハードルが高すぎるが、当時のザボーガーを知る人がみればよい映画だと思います。

気になったら買ってみてね。



theme : ひとりごと
genre : 日記

ニコラス・ペタスの動画

この動画はCSかなんかでやった番組なんですかね?

このシリーズ面白いですね。

思わず見入ってしまった。

感慨深い物がありますね、最強最強と言われたマジックをかけられたような感じでした。

武道とは道なんだなー

theme : ひとりごと
genre : 日記

グリーン・ホーネット

GH00

この前の日曜日にグリーン・ホーネットを見てきました。

3D映画って事でそれなりに娯楽を楽しむつもりで見た来ましたが、グラスは意外と重いんですね。

ちょっとだけネタばれになるかもしれないので、気にする人は読まないでね。

TVシリーズではブリッド・リードが社長になるまでの事はまったく描かれていなかったけど、映画ではその辺を結構詳しく描いてました。
まあ普通の人はグリーン・ホーネット自体なじみが無いヒーローなので当然の事かもしれない。

ただ、TVシリーズの設定がそうだったのかどうかは分かりませんが、ブリッドってあんなにダメダメ男だったの?
バン・ウィリアムズは優秀でイケメンだったのに、映画のブリッドは・・
GH05
まあカトーに至ってはブルース・リーと比較になるわけでもなく。
台湾の歌手らしいのだが、私にはなぜ彼がカトーなのかわかりません?
GH06
キャメロン・ディアスだけでメジャーな映画にしてしまおうと思ったのか?
せっかくの女優さんが生かされていなかったなぁ
しかし、ヒーローアクション映画としてみるには自分的には問題なくそこそこ楽しめました。

ただ、根っからのブルース・リーファンでブルース・リー以外のカトーは認めないというファンであればNGかもね。

映画の中ではスケッチブックにブルース・リーイラストがあったり、カトーがワンインチパンチを使ったりと所々にちょっとブルース・リーファンを喜ばせる箇所を入れてるのも好感が持てました。
GH04
実際のTVではあくまでもカトーは助手であったのに対し映画では相棒、さらに対等の立場。

比べる必要もないけど別の物語として見るのが正しいんでしょうね。
まさかスキャンロンが・・

ということでヒーロー映画として見に行ってください。
絶賛はしないけど文句もありませんでした。
ただ、この映画を作るにあたってTVシリーズをTVで放映するなどして盛り上げて欲しかったです。

自分が見に行った劇場は1/3ほどしか席が埋まってなかったぞ!
ファンとして少し悲しかった。
まあセンターで見れたのは3D映画としてよかったんですけどね。

Webサイトはこちら

時をかける少女

more...

見た!ハイキック・ガール

やっとDVDにて「ハイキック・ガール」を見ることが出来ました。

極私的な感想なので、関係者の方々が見られたら気分を悪くされるかも知れませんがお許し下さい。

期待に期待してみたものなので、期待よりも評価が下がる形になってしまいました。

前作の「黒帯」が素晴らしかった為、消化不良で終りました。

シナリオは単純明快なのに対して15年前に何があったのか説明はなく、ロケ現場も学校の校舎と体育館とお世辞にもお金をかけていると言えない。

裏話では制作費と製作日数も少なく苦しかった事を聞いたことがありますが、照明の使い方でもっと効果的な演出も出来たのでは無いでしょうか?

校舎が明るすぎて映画として安っぽく感じました。

最後の体育館全員集合も何とかできなかったんですかね?

そもそも壊し屋の本拠地が廃校だったのでしょうか?
ストーリーやシナリオが今ひとつな所はアクション映画にありがちなので突っ込まないと目をつむるとして・・問題はアクションシーンです。

役者でなく本当の格闘家、武道家が集結しているアクションに全く文句はないです。

武田梨奈ちゃんのアクションも凄いし、中先生の空手も凄いです。
周りの方々もすばらしいアクションなのですが、スローモーション+リピートでアクションのテンポをぶち壊してます。

何が起こったのか分からなかったシーンは、それでいいんですよ。
そのスピードがアクションシーンを引きつけます。

万一この手法をブルース・リーの映画で使っていたらまずヒットは無かったでしょう。
トラッピングが当時見た自分達に理解できなかったけど何か凄い事をやっていることだけわかりましたから。

この部分がこの映画で一番残念でした。
なんの説明もなく相手が一瞬で倒れるシーンを連続で見せられたなら多分最高のアクション映画だと私は言い切りました。
本当に残念!

逆に特典ディスクでの中先生や梨奈ちゃんのアクションがスロー無しで見せてくれて迫力があります。

実にもったいないと思いました。
実際に当たっているのはスローでなくても充分分かりますよ。

全く勝手なレビューでしたが、一度見ていただきたい作品ではあります。

日本でもこんなアクション映画が出来るんだと、

もっと時間をかけて制作費をかければ世界に通じる作品になると思います。

次回作に期待します。

時間があったらそれを証明するためスローシーンを省いたバージョンをつくってみようかとも思ってます。
(西監督には大変申し訳ありませんが・・・)
プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病開始。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お勧め商品
ブルース・リー商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広告
ソフマップ・ドットコム
お勧め商品
月別アーカイブ