fc2ブログ

退院そして出勤

日曜日の午前に退院
待望の退院であったが、帰ればいつもの日常が待っていた。
更に透析時間もありかなり時間の制約が慣れない。
早速出動して透析用品を持ち込み、社長に報告
給料は普通に貰えたけどその日から仕事を強いられる

早く帰るつもりがフルタイムで働く
帰りにお袋のところへ寄れば、また訳のわからぬ事を言って退院後早速ケンカ
朝の利尿剤を飲み忘れた為か、透析液の排出が減る
と同時に浮腫み
忘れない様にせねば、今日は定休日

明日から本格的な仕事が始まります。大変です。

入院日記を毎日
読んで頂いていた方々ありがとうございました。
これからは通常のブログに戻ります。

入院日記17

明日、退院
男女関係なく皆んな看護師さん優しかった。
名前を覚えた人は5人かな?
なかなか名前全員は覚えられないですね。
ただ、すみません と言うより名前で呼んであげた方がいいかな?と思い覚えようと思ったけど沢山おられるので特徴のある人とかでないと難しいですね。

色々あったけどやっと退院
朝はシャワーを浴びてスッキリしました。
一番気になるのがあしが弱って歩行がつらい

入院日記16

いよいよ退院が近くなってきたので色んな方々が手続きのために部屋に訪れる。
透析液の事、退院してからのこと、次回の外来での受診、そして血液の事
対応と透析時間であっという間の一日、
退院後の透析の時間は現在の時間をベースにして変更しても構わないとの事。

今の10時、14時、17時、20時では私の生活スタイルに全然合わないのでアレンジする事にした。

それよりも主治医が言った、一日位入れずに飛ばしても急激に悪くなると言う事はないので、法事とかの駅を入れる時間がないときは、飛ばしていいよ。との言葉になんかホッとした。

そうなんだ、じゃあ日帰り旅行なら問題なくいけるのね。
少し楽になりました。

入院日記15

昨日日記を書く前に寝てしまったので昨日の日記です。
本日、昨日退院した2名に変わり2名入ってきた。

両方とも年配者、特に隣りのおっさん、看護師が名前を入り口に貼らせらせていただいてよろしいでしょうか?の問いに 芸名でお願いします。 と返す面倒くさいおっさん。
なんでか知らんけどこう言う人は平気で病室で電話。
マナーモードにもしない。
メールが入るたび音がする。
打ち込みの音も聞こえるし困った人たちだ

ただ今回の2人はイビキはなし!
これは一番救われる。

腹膜透析順調!

あと2日

入金日記14

本日も同じローテーションの腹膜透析

早速隣のベッドも埋まる、私が入院した直後が一番空いていたみたいだ。
病院は大変だ。
三週間も居ればこの棟の看護師全員見たのではなかろうか?
ダメダメの若い子も居れば、しっかりした子もいるし、ベテランと思っていたらまだ若かったりと色んな人がいた。
もちろんナースセンターでも私は結構手間のかかった患者として皆んなが知っている。
出血が酷くて2時間ごとにガーゼ交換をしてもらっていたのだから手の空いている看護師が代わる代わる処置をしてくれたのだからそうなるだろう。
それが約一週間だから

なので今ローテーションが再度回って来た看護師、皆んなに血が止まったんですね、よかったですね。
と言われる。

かなり迷惑?いや稀なケースだったんだろう。

そんなこんなで今日、主治医から連絡が、日曜日に退院になった。
長かった!本当は二週間の予定が約1ヶ月

これからは腹膜透析を少しでも長く継続出来るようにしていかなければ、と思った次第です。

入院日記13

本日も腹膜透析
10時に入れて
2時に排液、そのまま注駅
5時に排液、また注液
8時に排液で空にする
現在はこの短いスパンで透析を行なっています。

退院後は当方の生活スタイルに合わせた形になると思いますが、なかなかハードですね。

生きる為、これぐらいの手間はかけなければね。
治療がない時代であれば、この数ヶ月で尿毒症で死んでるんですから

いろんな方々に支えられている命を大切に使って生きたいと思います。

入院直後から看護研修生も私についていた子も明日で修了。
今日はまたその子にシャンプーをしてもらい、頭スッキリになりました。

私もようやく退院がみえてきたなー

入院日記12

本日より本格的に腹膜透析を開始
腹膜透析と言ってもほとんどの人は理解出来ないとおもので簡単に説明します。
お腹の中に内臓をまとめて覆っている腹膜と言う物があるそうです、薄い皮膜でラップより少し厚い程度の膜らしいです。
その腹膜の中に透析液を入れるのです。
その入り口が今回手術で入れたカテーテルチューブです。
それを使って液で内臓を浸ける形にします。
その事により血液の浸透率の違いにより血液中の老廃物が液に流れ出して、腎臓の代用になる様です。
その液を体外にだし毒素を排出するらしいです。

これが腹膜透析です。

その液が2リットル、思わず言ってしまう

腹ン中がパンパンだぜー

冗談じゃなく本当です。

じき慣れますと言われたけど、なれなかったら量を減らすってどう言うことじゃ!

と言うわけでこれらを繰り返し結果次第で退院になります、

後少し!頑張れ自分!!

入院日記11

本日は日曜日と言う事で主治医は休み
そのためお腹のテープを取りたいけど看護師のはんだんでは、取れないので明日にお預け、

腹膜透析の緊急時の対処等の説明があった
そして注液、廃液のスケジュールを告げられた

いよいよ治療が始まる。
明日1人部屋から退院、独り言で「ピシュー!」「フイフイ」と奇妙な擬音を言っていた人、さようなら!

この調子だとまた俺が1人残るのか?

入院日記10

本日土曜日
土曜日は通常何もない
首の絆創膏は剥いでよいのか?
それさえわからない、さすがにお腹からの出血もないので止血用のガーゼとお腹を圧迫している物を取って欲しいが看護師には独断で出来ないといわれ、月曜日までおあずけ状態。

同室では退院の日が決まっている人達ばかり、来週でまたメンバーが全部変わりそう。

早く全身にシャワー浴びたいなぁ

入院日記9

本日、朝イチで採血 なんと13本
自分史上最高
血液を専門家に見せる為らしい

その後血液透析へ 終わればもう昼飯
昼からあまりにも気持ち悪いので下半身だけシャワーする
オテインティンがサッパリしました。
その後、血液検査の結果が正常に近づいたので、首のカテーテルを抜いた。
入れる時は超恐怖でしたが、簡単に終了
これで身体に刺さってら物が無くなりました。
さらにリハビリも開始
少し疲れたので早めに寝ます。

二週間も入院すればイビキなども気にならずに寝れる様になりました。

慣れとは恐ろしい

入院日記8

本日はお腹の洗浄のみ、気分も良くなってコンビニまで歩いて行く
血液内科の先生より説明あり、サンプルと数値を見ても
なにが原因か特定出来ないと、なぜ固まらないのかもう少し検査して投薬等の処方を考えると言われた。
それ程自分の血液状態が稀な例らしい。
とは言え止血してよかったと
止血してなかったらどうしようかと思ったと言われ
オイオイと思う私でした。
明日、もう一度血液検査をして次のステップに
それまで首のカテーテルはおあずけ
早くこの邪魔な物とって欲しい。

何にしても身体が元気になってきたのがわかる。
だから一日も早くシャワーを浴びさせてくれ!!

入院日記7

本日も朝から血液透析と輸血

昨日から出血なし、
とは言え出血が怖くてほとんど動けない

隣りの人が手術後のお腹から出血らしい
すぐ治るだろうけど

あっと言う間に4人部屋全部埋まる

今日の夜は賑やかになりそうだ!
明日出血がなければ動き始めるぞ!
先程、主治医からの説明が、
貧血が改善され始めているとの事
今まで入れても出るの繰り返しだったので
かなり嬉しい
俺の血液の中に何人の血液が入ったのだろうか?
献血されている方々に感謝しかない。
出血が止まってからの腹膜透析再出発
さて!これからは気分も楽にります。
とは言えまだ首のカテーテルはあるけどね。
もう一回位血液透析するのかな?

さらに点滴用の針が取れて爽やか!
後は首のカテーテルがなくなれば!と思う。

入院日記6

2月14日
今日はバレンタインデーらしい
まさか病院で迎えるとは
本日は血液透析は休み
昨日の夜に主治医から状況の説明
なんと俺の血液は原因はわからないけど
凝固しにくくなっているらしい
その為、透析をしているのと出血の為の輸血
通常輸血した場合、他人の血液が入ってくるのでそれを阻止して固まろうとするらしいけど、それがほとんどないらしい。
とは言え透析を繰り返しているので徐々改善しているとの事、

昨日入院したとなりの人の手術のため一時的に別室へ
そしてもう1人の爺さん退院

なんと今夜は一人部屋 熟睡した。
出血は昼から止まっているが油断は出来ない。

入院日記5

今日からリアルタイムな日記です。
朝から透析と輸血 昼飯食ったら
お腹の洗浄、昨日の腹帯の汚れがあるので洗濯

現在4人部屋なのですが明日一人お爺さんが退院です。
そして今日は隣に新しい患者さんが入ってきた。
体格の良さそうな自分よりも若い人だ

体格がいいとまたイビキに悩まされるのか?

明日手術らしい

なんだかんだで部屋の最古参になってしまった。

入院日記4

2月8日
実は昨日の午後急に透析が決まり透析室へ
なぜか透析室は目元メイクがきれいな看護師が多い
そんな事はどうでもいい!
首の静脈に麻酔をかけてブスっ!と2回も針で刺される。麻酔はかかっているが感触と扱っては相当です。
顔に布をかけられて、泣きそうになってたらその隙間から看護師が頑張れ!
と言ってくれたので頑張る!
そのまま血液透析だ。
透析中 血圧が急に下がり死ぬかと思う。

そんなこんながあって次の日を迎えたのだった。
出血とまらず

2月9日

朝から
2回目の血液透析と輸血
今日は調子いい
部屋では点滴と洗浄
夜間には出血がとまる

2月10日
朝から透析と輸血
しかし深夜にまた出血!

2月11日
昼から透析と輸血
なんと!出血がとまる!

2月12日
日曜日なので透析は休み
出血なし!

主治医も夜見にきて共に大喜び!



2月13日
午前3時
嫌な予感!冷たい、、
ナースコール
またも出血!
凄く落ち込んでる

言葉が出ない、とりあえず今日も透析と輸血

午後研修看護師にシャンプーをしてもらい頭
スッキリとなった。

どうなるんだ私!

これよりリアルタイムな日記に移行します。

入院日記3

2月4日
術後、何故かおティンティンが、真っ黒になりブヨブヨして来た。
不安になり先生に相談。
見解は皮下出血から下へ血液が降りているのが原因かと言われる。
少し不安、
隣りのエグチさん絶好調!
電話の内容が聞こえる
女性の声で 差し入れ持って行くからと
面会謝絶なのに病院のサロンで待ち合わせしてるみたい。

2月5日
明け方、お腹が大出血!
夜勤の看護師大慌て!
その場では間に合わず、2人の看護師が必死で対処してくれる。
そんな必死で対処してくれてる中で隣のカーテン1枚で仕切られてるエグチさん、一人の看護師のお尻を触ったのか?「もー、エグチさん!」ってなにやっとんじゃ!

なわけでこの後お腹からの出血が止まらなくてなってしまいました。

2月6日

主治医が来て話しが、お腹の血が止まらないのは血液の状態が非常に悪くなっているのが原因かと思われるので明日から血液透析と輸血を開始します。とのこと
その説明を受けておそれおののく私
首から直接カテーテルを入れてそこから透析します。
とのこと、ただだた恐怖

隣りのエグチさん
飯は不味いけ 持って来てくれた、おむすび食べてご飯はトイレに捨ててやった  との電話の内容

次の日 エグチさんは退院された。

この日より隣が静かになった。

入院日記 2

2月3日

お腹の傷が痛む仕方ないけどトイレには行っていいと言われたので早速院内のコンビニに買い物へいく。

凄くしんどい手術しただけなので貧血も変わらず当然だ。 

病室に戻り、ただだた眠る。

となりのエグチさん

イビキが酷い、ひとりごと、病室で電話するを繰り返す

耳が多少遠いらしく電話の内容が全て聴こえる、
68才 どっかの建設関係の社長らしい

社員らしき人たちからの電話も多いが、半分は女性である。
静岡まで車で行って、帰りに女の子ナンパして帰ろうとしたら振られてなんか急に気分が悪くなったらしい。

糖尿病で透析も間近だと医者にいわれてた。
なんともそんな感じな人でした。

病院食は不味いですが、カーテン一枚へだてたところで
不味い!不味いを連発されては同じ不味い飯ももっと不味くなる。

しかし、看護師の女の子には美味しかったよ!ありがとうと言って食器を下げてもらう。

一流の女たらしだろう。

とりあえず手術後、寝るだけは寝れました。

入院日記 1

2月2日

手術当日、午前から食事抜きで1時30分予定との事、
その時間になってもお迎えが来ない。

奥さんにもその時間前には来ておく様に言ってあったのに過ぎても自分が降りてこないのでLINEが入る。

その後2時から開始に変更されて、急遽手術室へ徒歩で
連絡出来なかったので奥さんには会えず手術室へ

よくテレビで見る光景だ。

全身麻酔が用意され麻酔が入りますよ。との声と同時に左手のカーターテル部分が熱くなった瞬間、
意識が無くなりました。

すぐに終わりましたよ。
との言葉

どれくらいたったのか?
全く分からない、意識もうろうとした状態でベッドに運ばれる、
一瞬、奥さんの顔が見えた感じでした。

病室へ帰ると4時過ぎでした。
2時間経ったんだ

部屋に入ると前日から一人ごとでうるさくて眠れなかった、
となりのエグチさん

ひとりで 「寒い!寒い!」を連発!

となりのエグチさんの話しは次回のブログで

お腹洗浄中

腹膜透析を開始する前に液を入れて出す、の洗浄中

入れて出す。の繰り返し

なんかエガちゃんの「取って入れて出す」を思いだした。

月曜日に血液検査後、本格的に腹膜透析が始まる予定

入院、そして手術

一昨日入院して、昨日手術でした。

今はベッドでお腹が痛くて動くのに不自由な状況です。

隣りのベッドのおっさんのイビキに悩まされ、看護師さんにオシッコの面倒も見てもらう状態です。

まだ自由がきかずしんどいです。
プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病していましたが、
    2023年2月ついに腹膜透析を開始しました。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広 告 1
広 告 2
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
35位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広 告 3
お勧め商品
月別アーカイブ