FC2ブログ

Bruce Lee: His Greatest Hits: Criterion Collection (Blu-ray)の詳細が

3818275-2564570.jpg
7月14日に米発売のBDの詳細がUPされていました。

とても、興味深いです。

"The Big Boss" (1971, ドラゴン危機一発)
"Fist Of Fury" (1972, ドラゴン怒りの鉄拳)
"The Way Of The Dragon" (1972, 最後のブルース・リー/ドラゴンへの道)
"Enter The Dragon" (1973, 燃えよドラゴン)
"Game Of Death" (1978, ブルース・リー/死亡遊戯)
"Game Of Death II" (1981, 死亡の塔)








今回は今回は私もこっそり(じゃないけど)余分に仕入れて販売もします。ヤフオクとかアマゾンで・・
直接個人輸入出来る人は直販でお買い上げが安いです。
輸入が出来なくてアマゾン等で買おうと思ってる人は、私も直販を少しの枚数やりますので、私の所で買ってね。

値段は他と合わせますが、当方オリジナルの特典も付けるので・・・よろしく(笑

詳細は下記で見てね。
以下googleさんの翻訳です。

大体の事は分かると思います。



4Kデジタルレストレーションオブザビッグボス(ドラゴン危機一発) 、「Fist Of Fury(ドラゴン怒りの鉄拳)」、「Game Of Death(ブルース・リー/死亡遊戯)」、「The Way Of The Dragon(最後のブルース・リー/ドラゴンへの道)」、圧縮されていないオリジナルのモノラルサウンドトラック
まれに目にする99分の1973の新しい2Kデジタル復元「劇場版のエンタードラゴン(燃えよドラゴン)」と、圧縮されていないオリジナルのモノラルサウンドトラック
2Kデジタルの102分の復元 「Enter The Dragon(燃えよドラゴン)」のスペシャルエディション版
映画の代替オーディオサウンドトラック。英語のオリジナル吹き替えトラックと「Enter the Dragon(燃えよドラゴン)」の特別版の5.1サラウンドサウンドトラックを含み、
「Game Of Death II(死亡の塔)」の高解像度プレゼンテーション、1981年の続編「ゲームオブデス」
「ゲームオブデスリドゥックス


」、リーのオリジナル「ゲームオブデス」映像の新しいプレゼンテーション、アランカンバン 「ビッグボス」(1971年、ドラゴン危機一発)制作:
トレーラーとテレビスポット:ヴィンテージの予告編とビッグボスの「ビッグボス」のテレビスポット

:この新しいプログラムでは、伝記作家のマシューポリー(ブルースリー:人生)がビッグボスの制作について語ってい ます。プログラムは、基準

代替映像用に作成されました :
-1。
代替オープニングクレジット-2。代替エンディング
-3。拡張シーン

ブルースリー:初期の時代:このアーカイブプログラムでは、武道インストラクターのジーンレーベルがブルースリーのキャリアの進化を語る

ブルースリーvs.ピータートーマス:このビデオのエッセイで、評論家のブランドンベントレーは「ビッグボス」作曲家ピータートーマス

オーディオ解説1:このオーディオ解説は、評論家とブルースリー愛好家のブランドンベントレーによって2016年に

録音されましたオーディオ解説2:このオーディオ解説は、香港映画のエキスパートマイクリーダーによって2013年に録音されました

リーフレット:イラスト入りのリーフレット批評家ジェフチャンのエッセイと技術クレジット


「Fist Of Fury」(1972年、ドラゴン怒りの鉄拳)の特集 :
ファーストオブフューリー:この新しいプログラムでは、伝記作家のマシューポリー(ブルースリー:ライフ)が「フィストオブフューリー」の概念、ブルースリーの映画への関与と彼が演じるキャラクター、彼の格闘スタイルの進化について語ります、彼のアクションスターの画像、および映画の政治的倍音の一部

代替オープニングクレジット:ここに提示されているのは、映画のさまざまなリリースに使用されたオープニングクレジットです。
-1.チャイニーズ・コネクション
-2. First Of Fury日本語版

ファーストレディ:このアーカイブインタビューでは、女優ノラミアオが「フィストオブフューリー」への貢献、具体的にはブルースリーとの仕事について語っています。武道のマスター/振付師による彼女のトレーニングについて、特に興味深いコメントがいくつかあります。インタビューは1993年に「

ブレードオブフューリー」で実施されました。 このアーカイブインタビューでは、俳優の橋本力が、「フィストオブフューリー」で主人公を演じるためにキャストされた方法と、キーアクションシーケンスで行った即興演奏のタイプを思い出します。俳優はまた、香港と日本の映画の間の主な違いのいくつかについて話します-当時存在していた-。インタビューは1993年に行われました

武士道の達人:このアーカイブインタビューでは、俳優の勝村淳が彼の背景について話します。武道の経験、そして「最初の怒り」への貢献。インタビューは1993年に行われました。

ユエンワー:このアーカイブインタビューでは、俳優のユエンワーが「フィストオブフューリー」

予告編への貢献を含め、過去の作品をダブルとして回想しています:「フィストオブフューリー」の ヴィンテージトレーラーのギャラリー

解説:香港映画のエキスパートであるマイクリーダーは、「フィストオブフューリー」の制作、ブルースリーのキャリアと彼のスタイルの進化、映画の社会政治的含み(中国人対日本人)、興味深い文化的ステレオタイプ、その他解説は2013年の

リーフレットに記録されました :


「ドラゴンの道」(1972、最後のブルース・リー/
ドラゴンへの道): ドラゴンの道:この新しいプログラムでは、伝記作家のマシューポリー(ブルースリー:人生)が「道の道」を説明ドラゴンは、」仕事と語るザ・フィルムの受胎A特別な場所でブルース・リーの体を占有し、レセプション

代替オープニングクレジット:ここで紹介するには、フィルムの異なるリリースのために使用されたクレジットを開いている
- 1.バージョン一つは
- 2バージョン二

オンザWay of the Dragon(2001):この新しいプログラムでは、伝記作家のMatthew Polly(ブルース・リー:人生)が、ドラゴンの道がブルース・リーの作品の特別な場所を占め、映画の構想と受容について議論する理由を説明しています

ブルース・リーが思い出した:このアーカイブプログラムでは、サモフン、フローラチョンリーン、サイモンヤム、クラレンスフォク、ウォンジンなどが、ブルースリーが香港映画の進化に与えた影響と、一般的なジョンフーのアクション俳優について話しました

か? :このアーカイブプログラムでは、俳優のジョンT.ベンがブルースリーを覚えており、「ドラゴンの道」への貢献 について語っています

プロモーション資料:
-1.「ドラゴンの道」のビンテージトレーラー
-2.ヴィンテージラジオスポット1つ

解説:香港映画のエキスパート、マイクリーダーが「ドラゴンの道」の詳細な分析とブルースリーのキャリアと仕事の概要を提供します。これは、以前のホームビデオリリースでの出演と同じように、映画のファンが既に精通していることを示す典型的な素晴らしい解説です。解説は2013年に記録されました。

リーフレット:批評家ジェフチャンのエッセイとテクニカルクレジット


「Enter The Dragon」(1973、燃えよドラゴン)をフィーチャーしたイラスト付きのリーフレット :
販促資料: -1
.電子プレスキット
-2.ビンテージトレーラー
-3. TVスポット-4
.ラジオスポット
-
エンター・ザ・ドラゴン:この新しいプログラムでは、伝記作家のマシュー・ポリー(ブルース・リー:ライフ)が「エンター・ザ・ドラゴン」(中国のジェームズ・ボンド映画として)の概念とブルース・リーの関与について語っています。リーの元の脚本を機能させるために行われたさまざまな変更と、ロバートクルーズの監督の

ブラッドアンドスティールに関するかなり興味深い観察もあります 。このアーカイブドキュメンタリーは、「エンターザドラゴン」の制作とブルースリーの映画キャリアを調べています。その中には、プロデューサーのフレッドウェイントラウブ、作家のマイケルアリン、撮影監督のギルハブス、俳優のジョンサクソン、ジェームズコバーンなどのアーカイブインタビューのクリップが含まれています。ドキュメンタリーは2003年に制作されました

ブルース・リー:自分の言葉で:このアーカイブドキュメンタリーは、ヴィンテージの映像とブルースリーを組み合わせ、武術の哲学と演技へのアプローチについて論じています。ドキュメンタリーは1998年にジョンリトルによって制作されました。

リンダリーキャドウェル:このアーカイブプログラムでは、ブルースリーウィドウと書誌学者のリンダリーキャドウェルが、武術のスターとの関係と、パフォーマーおよび教育者としての彼の活動について語っています。プログラムは2003年に制作された

Tung Wai:このアーカイブインタビューで、俳優とアクションの振付家であるTung Waiは、ブルースリー

リーフレットとの最初の出会いを 思い出します:批評家のジェフチャンのエッセイとテクニカルクレジット


「ゲームオブデス」( 1978年、ブルース・リー/死亡遊戯):
予告編:「死のゲーム」のヴィンテージの予告編

Game of Death Redux」は、2020年にAlan Canvanによって制作された、ブルースリーのオリジナルの1972年の「Game of Death」映像のこのプレゼンテーションは、新しいボーカルパフォーマンス、編集、および

ゲームオブデスをフィーチャーしています :この新しいプログラムでは、伝記作家のマシューポリー(ブルースリー) :A Life)は、「ゲームオブデス」の概念とブルースリーのフィルム

代替映像と の関わりについて議論し
ます。-1.代替オープニングクレジット
-2.代替エンディング-映画の異なるリリースに使用される3つの最終シーケンス-3
.削除されたシーン -4
.アウトテイク-5
. Bloopers

Game of Death:このアーカイブビデオインタビューで、俳優のロバートウォールは「ゲームオブデス」への貢献とブルースリーとの仕事の様子を振り返ります

解説:香港映画のエキスパートであるマイクリーダーは、「ゲームオブデス」の制作、ブルースリーの作品群への配置、映画が登場した時代などについて詳しく解説しています。解説は2013年に収録されました

リーフレット:An批評家ジェフチャンのエッセイとテクニカルクレジット


「ゲームオブデスII」(1981年、死亡の塔)が掲載されたイラスト入りのリーフレット :
予告編:「ゲームオブデスII」の

オルタナティブオープニング:「ゲームオブデス」の オルタナティブオープニングII "VHSから供給

ブルースリー:男と伝説(1973):このアーカイブドキュメンタリー映画はブルースリーの生涯と作品を記録しています。それは伝記作家と未亡人のインタビューからのクリップを特徴としますリンダ・リー・コールドウェル、チャック・ノリス、ジェームズ・コバーン、ロバート・ウォール、その他:

-2.基礎-3
.映画のキャリア-4
.ユニークアクション
-5.バックハリウッド
-6.悲しみの

予告編:「ブルース・リーの生と死」(ブルース・リーの生と死)のヴィンテージ

リーフレット:An批評家ジェフチャンのエッセイとテクニカルクレジット



「Enter The Dragon:Special Edition」(1973、燃えよドラゴン)を掲載したイラスト付きリーフレット :
リスクと報酬:この新しいビデオプログラムでは、プロデューサーのアンドレモーガンがゴールデンハーベストカンパニーの仕事について語っています そしてアメリカでの武道映画の普及。アメリカのブルース・リーのイメージについても興味深い観察があります

Bruceploitation:この新しいプログラムでは、著者のGrady Hendrixが、70年代と80年代に出現した多くのブルースリーの模倣者を探ります。このプログラムは2020年に

ブルースプロイテーションプロモで評価基準のために作成されました :人気のあるブルースプロイテーション映画の予告編のコレクションが

唇にマッチします:この新しいプログラムでは、ボイスパフォーマーのマイケルケイ(英国のブルースリーの激怒のチェンジェンの声)とヴォーンサヴィッジ 武術映画

の英語ダブトラックの作成に関する彼らの作業を思い出してください。グランドマスターとドラゴン:このアーカイブドキュメンタリーで、ウィングチュングランドマスターウィリアムチャンは、友人でありトレーニングパートナーのブルースリーとの関係を思い出し ます。ドキュメンタリーは2009年の

解説で作成されました:このアーカイブの解説は、2003年にピーターヘラープロデューサーによって録音されました。

-1 .少林の精神 -2.レネゲード-3
.島 -4
.人間のハエ
-5
. 生き残るための強さ -6.
反撃

-7 .ファイナルオフェンス リーフレット:批評家のジェフチャンのエッセイが描かれたイラスト入りのリーフレット技術クレジット

なかなか凄い内容でしょ!

comment

Secret

No title

お願いします。どこで注文すればいいですか?

青三さんへ

7月14日米発売なのでそれ以降に入荷します。
入荷しましたら、こちらでもご案内します。

オリジナル特典が気になります(^^;

No title

自分でも買えるか調べてみましたら、100ドルくらいで買えそうです。
AKさまはおいくらで販売されるのですか?

4Kブルーレイ気になります。入荷の知らせ楽しみにしてます。

926rさんへ

内容は秘密です。

それほど大したものじゃないかもしれません。

青三さんへ

販売価格は未定です。

ご自身でご購入できる場合はそちらの方がお安く買えると思います。

当方多少余分に購入しておりますが、送料も多く購入しても安くなるわけでなく、その分、関税がかかったり致しますので、当方としては輸入購入ができない方を対象といたしますので、それなりに利益を取ります、が特典で多少緩和させて頂こうかと思ってます。

個人輸入のため仕入れる数が限られており、現在複数の箇所で発注をかけてる次第です。

プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病開始。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広 告
ブルース・リー商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広 告
お勧め商品
月別アーカイブ