FC2ブログ

芦原先生の事

ASHIHARA

なぜこの話題かと言うと、今月で先生が亡くなられた年齢を越してしまうからです。
あえて言っておきますが、自分は高校時代に道場に通っていただけの「なんちゃって」道場生なので軽い気持ちで読んでね。

自分が芦原道場に入ったのは友人からの誘いだったんですけど、元々空手バカ一代とブルース・リーの影響で皆さんと同じように空手がやりたくなり糸洲流の空手をやっていたんですよね。
中学3年の頃に極真会の芦原先生の道場が出来てるらしいって事で、早速その友人が入門しました。(その友人は後に支部長をする位になりました)

高校生になった直後に、友人から「今日、芦原先生が来られるから見学に来い!」と言われ見学へ
そこで見学をはじめてまもなく芦原先生から「今日は見学なの?」と気さくに声をかけられテンションはマックス!
当時、空手バカ一代では連載が、道場破り位の時期だったので自分にとっては正にヒーロー。
そのヒーローに声をかけてもらったのだから、うれしさは半端じゃなかったです、即友人に相談し新聞配達のアルバイトを始め入門へ

それから自分には辛い、空手の青春が幕を開けたのでした。

当時、自分が目にした芦原先生は32才、なんとブルース・リーの亡くなった年齢と同じだ。

ちょうど地上最強のカラテの撮影していた頃なので、あの映像のままが自分の先生の印象でした。

その頃はなんとも思わなかったが、今、考えてみればまだ若いはずなのだが。
お腹は出てたし準備運動でも前蹴上げは上がってなかったし(笑

後の書物で先生が練習嫌いであったとか聞いて妙に納得したのでした。

ただ、当時月に1度指導に来られていたのだが(月謝の集金とも言えるけど)その時は必ず道着に着替えられて指導をしてもらえました。
前に出ての指導もよくあり、それらを考えるととても貴重な体験が出来たと思います。

指導も面白いしそのスピードは実際に経験した者しか感じられないだろうな。
上段後ろ回し蹴りも体をうんと倒して蹴る(柔軟性に欠けていたのだと思うけど)蹴り方もかっこよかった!

後から先生の人間性や性格などを書いた書物などを読むとその豪快さや子供のようなわがままな所が、感じられて当時上の先輩は大変だったんだろうなーとしみじみ感じます。

今、この年になってそれらの言動を考えると大人げない人に思えるけど、それが魅力だったんでしょうね。
だから、未だに芦原先生のファンがいるんだと思います。

自分もこの頃の先生の映像などを見るとわくわくするんですよ。

自分の弟も同じ様で先生関係の物が好きみたいです。
ちなみにうちの弟は自分のような「なんちゃって道場生」ではなく初段まで取得しているちゃんとした人です(笑

この前も倉庫整理の時に芦原先生に自分が貰ったサインを「いるか?」と言うと「持って帰る」と言って持って帰ってました。

そんな弟がヤフオクで気になっているという先生関係の出品物があると言う

http://rating5.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=elegance25ans

この方の出品物だ。

なにしろ高額なのがネックなのだが、気になります。

どんな映像だろうか・・・・

芦原先生の映像の事に関しては、明日へ続く・・・えっ?!

comment

Secret

プロフィール

AK

  • Author:AK

  • オタク的なおじさんの適当なぼやきです。

    「AKのHERO大好き!」というHPも持ってます。



    2009年12月にCr1.48で慢性腎不全保存期と診断され食事制限で闘病開始。
    それらの事もブログで記録していきます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広 告
ブルース・リー商品
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
広 告
お勧め商品
月別アーカイブ